www.rowebaldwinschill.com

高齢化社会が当たり前になってきた現代において、介護問題は日本国民が初めてぶち当たったケースと言えます。それまでも高齢化による介護問題はありましたが、団塊の世代の親世代の介護が必要になったことで、介護施設や在宅介護といった問題が噴出してきました。 今後は在宅で看取ることを目標に、診療報酬を下げるという話題もあり、自分の家族を他人に診てもらい、施設で看取るということができづらくなって来ることでしょう。 経験者ならわかりますが、在宅介護というのは非常に辛いものです。昼夜の区別がつかなくなった高齢者に家族全体が振り回され、夜もろくに眠れないといったことが頻発します。 そのうち、介護で家族全体の調和が乱れ、皆が疲れてしまいます。そのようなことのないように、事前に各地区の区役所に行き、ケアマネージャーを紹介してもらい、そこから施設へ入所という流れを作っておくことが大切なのです。いくら在宅介護が進んできたからといって、介護人が倒れてしまっては共倒れですから、そうならないように各家庭がきちんと対策を練っておきましょう。